雑記

世の中にある胡散臭い仕事(主に広告業)に比べたら、Youtuber(配信者)なんてのはよっぽどわかりやすい集客で、人々の楽しみになっていて、仮に動画を上げるだけ(そんな単純なものではないのはわかっているけど)でお金を稼いで生きていけるとしたら、まさに好きなことをして生きていくという世界になれたとしたら理想な世界であるはずなのに、どうしてこんなにも反発が大きいのか理解が出来ない。

 

別にみんながYoutuberになれとは言わないんだが、例えばゲーム好きな人がただゲームをしているだけで生活できれば理想だろうし、寝るのが好きな人がただ寝るだけで生活していけるのならそれに越したことはない。

 

それらの中の一つが、Youtuberであるだけの話だと思うんだけど、職業の幅が広がる(それもいい方向に)ことに対して、否定的な意見を持つのがどうにもわからない。

そんなに苦労してお金を稼ぎたいのか?やりたくないことをするのが仕事であるべきだと思うのか?

やりたいことをして生活していける人がもっともっと増えていけばいいと思う。

広告業なんて消費を促進させることだけが目的の世の中に無価値な虚業に比べたらよっぽどいい。

 

ところで、一般的なYoutuberの収入源って広告料が大半でしたね。

広告料を稼ぐために面白い動画を作って人を集めるのではなく、面白い動画を作って人を集めることがそのままお金に繋がるような仕組みになればいいのにね。

何かを買わなければ、物が売れなければお金を生み出すことは出来ないのかというとそんなことはなくて、実際のところ物や人の間に立つ人もお金を生み出しているのだが、そういった歪んだ収益構造が実現するのならここだって何らかの収益構造を作り上げることが出来るんじゃないかと思う。

 

アフィリエイトだって、やり方が問題なだけであってそれ自体は健全だと思うのです。

そんなに毛嫌いするものではない。

有益な情報を教えてもらって、それをお金に還元できるのであればそれに越したことはない。

 

具体的にどういった仕組みにすればいいのかといった話はしない。

というか、私は世の中の職業のほとんど、一次産業以外は全てが虚業であると思っているので、虚業の成立なんてどうだってなるんですよ。

どう成立しているかにも意味は無くて、労働者としては何をすれば成立するのかどうかだけを問題にすればいいのです。

映画 『夜は短し歩けよ乙女』 鑑賞

映画館で観てきました。

2つ目ですが入場者特典もまだ配付中のようでもらえました。後で読みます。

ちなみに原作は既読です。

 

一言で感想を述べると、

くだらなくて愉快で可愛らしい、ちょっぴりほっこりする、とても楽しい作品でした。

 

監督に関してはもう定評のある鉄板コンビですよね。

四畳半の小ネタもちらほらとあるようで、もちぐまんはいましたし、(見間違いじゃなければ)テレビのモニターに小津が映っているのも見かけました。

森見さんはいわゆるスター・システムを採用していると思うので、明確にはわかりませんけども。

 

声優に関しては無視出来ないところもあるのですけれど、この物語の主役は乙女なのでここでは触れないことにします。

花澤さんは良かったですね。

黒髪の乙女のイメージと合うかというと完璧ではありませんが、それは無粋な話で、少なくとも文語口調は板に付いていて語りを聞くのが楽しかったです。

数年前、原作を読んだ後に絵を描いたのですが下手くそで恥ずかしいので載せません。

 

whooのFireworksがこの小説の個人的イメージビデオです。

このPVのような、色彩が豊かで賑やかな映像でした。(正直ここまでではない

www.nicovideo.jp

 

まぁ四畳半よりは軽めの作品ですが、あの映像が好きな方はきっと楽しめると思いますよ。

steam 『SOMA』 クリア

ネタバレありなので未プレイの方は注意

調べずに遊んだ方が間違いなく楽しめます

(核心的な場面のネタバレは避けています)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SOMAをクリアしました。(4月25日までセールで約1000円みたいです

 

store.steampowered.com

プレイ時間は8時間弱、ジャンルはSFホラーFPS。日本語化あり。

過去作にはAmnesia: The Dark Descentというクトゥルフ的なコズミックホラーもあるFrictional Gamesの作品です。

こちらも非常に面白い作品でした。

 

 

SFホラーは私の最も好きなジャンルの一つです。

ホラーの中でもSF寄りな作品ということは、つまり想像し得るifの世界の怖さを表現した作品だということです。

私達の生きる世界と地続きに描かれたそれは、物語の世界観に入り込みやすく、かつ人間としての根源的な恐怖を喚び起こします。

 

SFホラーの中で私の好きな作品は、「酔歩する男」と「クラインの壺」です。

どちらも名作と名高い小説です。

今ではありふれた題材になってしまったタイムトラベルやVRシミュレーターのお話ですが、これらの中に潜む恐怖を、自身の存在の根底から覆されるような体験でもって味わわせてくれます。

どちらも至高の読書体験でした。

 

 

さて、今回プレイしたSOMAの話に移ります。

SOMAは更に一歩進んだ未来感の設定で、人間の意識に関するお話です。

この世界には理想郷があります。その言葉通りに理想を形作った世界で、その名をARKと言います。

この世界の人々は滅びゆく地球を捨て、プログラムの世界に理想郷を作り、肉体を捨ててARKに意識をインストールし、半永久的に生き続けることを決意します。

決意すると言ってもそう簡単なことではなく、ARKを巡る人々の様々な葛藤が、退廃的な世界に残されたオーディオログやPCのテキストデータによって顕わになって行きます。

 

また、道中ではアンケートを尋ねられることが何度かあります。

是非とも真剣に答えるべきでしょう。

ゲームの進行度合いにつれて、自らの心境の変化を手に取るように知ることが出来ます。

何も変化はしないかもしれません。人によって感想が異なると思います。

 

まずそれがこのゲームの面白いポイントの一つです。

アンケートという形に留めることからもわかるように、このゲームは明確な答えを示しません。

意識・肉体という概念における問題を提起して、道中でそれに纏わる諸問題を発生させ、アンケートによって自らのそれに対する感情を問いかけてくるのです。

私は最後にまるっきり異なる答えを選択するようになってしまいました。

本来の考え方が変わっているかどうかはさておき、少なくともこのゲーム世界での体験においては大きく答えを変えるに値する出来事が起こったのです。

 

そして、この世界は人間社会としてはもうほとんど滅びてしまっているのですが、とても美しいです。

廃墟と自然と機械の融合したデザインが世界観に深みを与えてくれていますし、ステーション内は暗がりと明かりのコントラストが、得体の知れない恐怖に震えながら探索するその雰囲気作りにとても役立っています。

その中でも特に水中の景色は目を見張るほど綺麗でした。定期的に水中の場面に切り替わり海中散歩をすることになるのですが、彩度が低めのステーションから水中に切り替わった時の開放感と鮮やかさに感動しました。

もっと素晴らしい場面があるのですが、そこは割愛します。

 

ゲームシステムの話に移ります。

このゲームは前作と同じく本当に怖いです。

怖がらせ方を熟知しています。いわゆるびっくりホラーな要素だけではなく、演出面での怖がらせ方を研究しているのだと思います。

それはシステム面にも表れていて、音や光に反応する・近づくと襲ってくる・近づくほど画面のノイズが激しくなる・覗き込み(リーン)動作がある・触れるとアウトで敵に攻撃することは全く出来ない・だが触れても即死にはならない。

箇条書きにしましたが、これはホラーゲームを研究した結果、これが最善だという結論に至って選択したシステムであるように感じます。

 

ちなみに以前こんな記事がありました。

Choke Point | 『Amnesia』開発元が分析するホラー・ゲームの問題点

この記事は以前読んで印象に残っていたのですが、とても優れた分析だと思いました。

てっきりAlien: Isolationの開発者だという思い違いをしていたんですが、SOMAの開発者の方のインタビューだったんですね。

今これを調べ返して納得しました。

 

 ホラーゲームとしてFrictional Gamesに勝る作品を作り上げた作品は今のところ知りません。それくらい優れたホラーだと思っています。

今作はそのホラーゲーム的な怖さと、SF的な怖さがどちらも存在してかつハイクオリティに纏め上げられているので、高評価だったのにも納得です。

 

正直ゲーム性としては探索してインタラクティブなオブジェクトを探す繰り返しなので単調さも感じるのですが、慣れてさえしまえば物語を体験するのにこれ以上のものはいりません。

ゲームとしての体験、更にはFPSとしての体験を本当に大事にして作り上げた、至高のSFホラーです。

ブログを書くということ

書きたいものをブログにまとめ上げることは、その情報が何か他人にとって価値のあるものだと信じ込むことである。

 

私は、自分の発言に価値があることを信じることが出来ない。
だから流れて消えゆくついったーに書き散らしては失われてゆくのをただ見つめている。

思うままに書いて、ただ思考の流れを記録してゆくことに楽しみを見い出す。

全てを逃すことなく書き記したい。

頭の中で考えているもやもやとした形のないものを、全て言葉という形あるものに変ええたい。

たとえ中身に価値が無かったとしても、その書き記す行為は私にとって意味のあるものとなる。

 

時折思考をまとめていったものを、残る形として留めたくなることがある。

後から見返す言葉の固まりを書き記したくなることがある。

 

どれだけ思考に時間を費やしても、相変わらず自分に価値を見い出すことは出来ないけれど、費やした時間は無駄にならないと信じたい。

私も誰かにとって価値のあることを書けるのだということを信じたい。

 

 

 

主にゲームや小説、映画の感想、その他時々書きたくなったことを書いていくブログにしたい。

特に、趣味の感想は全てここにまとめて行くようにしたい。

あちこちバラバラに書いているので、それらを全てまとめる集約点としてのブログが欲しかった。

小さなものも、カテゴリーに分けて余すことなく書き残したい。

このブログを読めばいつどんなものに触れていたかを見返すことが出来るようにしたい。

Evernoteに乱雑に放り込んで各所にばら撒いていたものを、全てここにまとめるようにする。

ただそれだけの話。