コラム

良い文章について

文章を読んでいるつもりで全く読めていないことがある。 頭の中に引っ掛かりがなく、目に入る文字がするすると滑り落ちてしまうのだ。 そういう時は同じ文章を再度読み直す。 何度か読み直して、読めた、と思った時に先に進む。 読書をしている時にはよくあ…

憂鬱と、心の処方箋と、Carnival

近頃はずっと、いわゆる創作活動というものをしている。ブログを書いて、本を読んで、時間は減ったけれどゲームをしている。時々映画。 何もしない無駄な時間というのが減った。 外から見るとこれは何か望ましい変化で、一般的にはこれがより善い人生だと言…

揺れない振り子

「世の中はいつの時代も…」とは便利な言い回しでつい使ってしまいがちだ。 先日、ある話を読んだ。 夏目漱石『三太郎』の偽善家と露悪家の話だ。 近ごろの青年は我々時代の青年と違って自我の意識が強すぎていけない。我々の書生をしているころには、する事…

レビューの価値

・俺のレビューはお前にとっては無価値だ。 作品に触れる前にレビューを読むことには何の価値もない。 私は、自分の書いたレビューなんて一切読んでもらわなくても構わないと思っている。タイトルだけ見て興味を持ち、steamストアにあるゲーム説明とPVを見て…

『リプレイ性』とは

近頃は贔屓にしているGAME SCOPE SIZEさんの記事を読んでいる。 昔から購読していたのだがブログの移転に気付かず、最近見ないな…?と思って確認してみたらその事実に行き当たり過去記事を漁っている次第である。 ディープな個人サイトが鳴りを潜める昨今、B…