ブログを書くということ

書きたいものをブログにまとめ上げることは、その情報が何か他人にとって価値のあるものだと信じ込むことである。

 

私は、自分の発言に価値があることを信じることが出来ない。
だから流れて消えゆくついったーに書き散らしては失われてゆくのをただ見つめている。

思うままに書いて、ただ思考の流れを記録してゆくことに楽しみを見い出す。

全てを逃すことなく書き記したい。

頭の中で考えているもやもやとした形のないものを、全て言葉という形あるものに変ええたい。

たとえ中身に価値が無かったとしても、その書き記す行為は私にとって意味のあるものとなる。

 

時折思考をまとめていったものを、残る形として留めたくなることがある。

後から見返す言葉の固まりを書き記したくなることがある。

 

どれだけ思考に時間を費やしても、相変わらず自分に価値を見い出すことは出来ないけれど、費やした時間は無駄にならないと信じたい。

私も誰かにとって価値のあることを書けるのだということを信じたい。

 

 

 

主にゲームや小説、映画の感想、その他時々書きたくなったことを書いていくブログにしたい。

特に、趣味の感想は全てここにまとめて行くようにしたい。

あちこちバラバラに書いているので、それらを全てまとめる集約点としてのブログが欲しかった。

小さなものも、カテゴリーに分けて余すことなく書き残したい。

このブログを読めばいつどんなものに触れていたかを見返すことが出来るようにしたい。

Evernoteに乱雑に放り込んで各所にばら撒いていたものを、全てここにまとめるようにする。

ただそれだけの話。