雑記

世の中にある胡散臭い仕事(主に広告業)に比べたら、Youtuber(配信者)なんてのはよっぽどわかりやすい集客で、人々の楽しみになっていて、仮に動画を上げるだけ(そんな単純なものではないのはわかっているけど)でお金を稼いで生きていけるとしたら、まさに好きなことをして生きていくという世界になれたとしたら理想な世界であるはずなのに、どうしてこんなにも反発が大きいのか理解が出来ない。

 

別にみんながYoutuberになれとは言わないんだが、例えばゲーム好きな人がただゲームをしているだけで生活できれば理想だろうし、寝るのが好きな人がただ寝るだけで生活していけるのならそれに越したことはない。

 

それらの中の一つが、Youtuberであるだけの話だと思うんだけど、職業の幅が広がる(それもいい方向に)ことに対して、否定的な意見を持つのがどうにもわからない。

そんなに苦労してお金を稼ぎたいのか?やりたくないことをするのが仕事であるべきだと思うのか?

やりたいことをして生活していける人がもっともっと増えていけばいいと思う。

広告業なんて消費を促進させることだけが目的の世の中に無価値な虚業に比べたらよっぽどいい。

 

ところで、一般的なYoutuberの収入源って広告料が大半でしたね。

広告料を稼ぐために面白い動画を作って人を集めるのではなく、面白い動画を作って人を集めることがそのままお金に繋がるような仕組みになればいいのにね。

何かを買わなければ、物が売れなければお金を生み出すことは出来ないのかというとそんなことはなくて、実際のところ物や人の間に立つ人もお金を生み出しているのだが、そういった歪んだ収益構造が実現するのならここだって何らかの収益構造を作り上げることが出来るんじゃないかと思う。

 

アフィリエイトだって、やり方が問題なだけであってそれ自体は健全だと思うのです。

そんなに毛嫌いするものではない。

有益な情報を教えてもらって、それをお金に還元できるのであればそれに越したことはない。

 

具体的にどういった仕組みにすればいいのかといった話はしない。

というか、私は世の中の職業のほとんど、一次産業以外は全てが虚業であると思っているので、虚業の成立なんてどうだってなるんですよ。

どう成立しているかにも意味は無くて、労働者としては何をすれば成立するのかどうかだけを問題にすればいいのです。